まったりKEIの情報商材あれこれ

ひょんなことから情報商材に出会い、良い思いも痛い思いもしてまっす。 セールスレターの印象、迷惑メール、商材の中身。。。 情報商材にまつわるあれこれを、ゆるーりまったり記していきます。

ラブライクなるクソサイトからコメントしに来るそこのあなたへ


まったりKEIです。


以前こんな記事を書いたことがありました。
薄コメントが増えたので背景にあるノウハウを探ってみた
何も生産性のない薄いノウハウを信じて薄いコメントいただく皆さんへ向けた内容です。


やった!今月は400円の収益が出た!
1円だろうが400円だろうが、自分の力で稼いだ以上、あなたはネットビジネスで成果を上げているということなんです。
そもそもアフィリエイターの95%が月に5000円も稼げていない中、あーだこーだ。
どうせそんなこと話してるんじゃないでしょうか。


僕は元のノウハウには全く興味ないですし、勝手にお金突っ込めばいいと思っています。
でも、自分が被害を被るとそうも言ってられません。


いや被害っていうか、シンプルにウザいんですよね。
このサイトの執筆者(商材の実践者?塾生?)の皆さん。


在宅副業インターネット収入WEBマガジン|ラブ・ライ・ク〜love*li*k
http://lovelik-zaitaku-work.com/


在宅副業インターネット収入WEBマガジン|メンズラブライク
http://lovelik-for-men.com/


広告だらけで記事の内容も薄い。
誰のためにもなっていない、ネットに漂うゴミみたいな存在。
そこでいくら稼ごうと思ってました?1万円?10万円?1000円も稼げてないでしょ?
何のためにやってます?独立のため?お小遣い?


あのね、そんなことやってちゃダメですよ。
なに楽して稼ごうとしてるんですか。
だからあなたは本業でもダメ、ネットでもダメなんですよ。


今は少し調べれば、ゼロからネットで稼げる方法なんて誰でも無料で調べることができます。
僕も本業が忙しい中、自分で調べてサイトを作り、月に2回くらいの更新のサイト1つだけで月に5万くらいは稼げています。
もちろん「自分で調べて」「自分で実践する」という前提ありき。
おかげでWEBマーケ関連の流れにもついていけるようになり、本業にも非常に大きく役立っています。
あなたの今やってるソレ、なにか存在意義あるんですか?


え?お前のこのブログはどうなんだって?
いや存在意義なんてないですよ。
僕のただの独り言のために存在しているサイトです。
(一部趣味の中井くん追っかけ)
でも、少なくても、わざわざ外部に迷惑かけに訪問してません。
そこがあなたとの違いです。


でもまぁ僕も鬼じゃないです。
よかったら稼げるサイト構成、コンテンツの方向性、SNSの効果的な使い方など、完全パッケージで教えますよ。
5万円で。


ではでは〜。

僕の場合のぱちんこで負けない方法


まったりKEIです。


GARO金色で財を成したのがもう2年前の話。
それから新台に移行するも、金色の時ほどは勝てなくなりました。
さらにフルスペック台が撤去されてから確率319.1のミドルスペックが主流になっていますが、体感値では


当たり→フルスペと変わらん
釘→渋くなった
連チャン→しなくなった


総合して「勝てなくなった」という印象です。


とはいえここ最近は勝てていて、5月10日時点で+15万円。


会社退勤後の1万円予算での勝負。
連チャン終わったら即ヤメ。
負けてた時期はやっぱりダラダラ続けたんですよね。
予算や時間決めてサッと勝負する。
そんなやり方が僕には合ってるみたいです。


ではでは~

間違ったことを実名で堂々と言える図太さは見習いたい


まったりKEIです。


僕はYahoo!ニュースのコメント、いわゆる「ヤフコメ」が嫌いです。
匿名で辛辣な一言ポン。
「言ったった」「世相を切ったった」
ご本人はそう感じてるんでしょう。
(匿名という意味ではこのブログも一緒ですがそこはご愛嬌)


でもね、まだ匿名コメントはかわいいもんです。
うっすい一言で終わるから。


もっとたちが悪いのが、Facebookアカウントと連動してコメントする人たち。
極端に右に曲がってたり、極端に左に曲がってたり。
さらに認識が根本から間違っていたりして。
よくもまぁ実名出せるよなぁと逆に感心。
その図太さは見習いたい。


ちなみにこういう人たちの文章ってすごく分かりやすい特徴があるんですよね。
分かります?
それは「!」の多用。
ちょっと気にして眺めてもらえれば「あ~笑」となると思います。


なお、実生活のビジネスメールでも「!」を多用する人がいますが、そういう人(会社)はいろいろな意味であまり良くないことが多いです。
そっと距離を置きましょう。


ではではー。