まったりKEIの情報商材あれこれ

ひょんなことから情報商材に出会い、良い思いも痛い思いもしてまっす。 セールスレターの印象、迷惑メール、商材の中身。。。 情報商材にまつわるあれこれを、ゆるーりまったり記していきます。

クソ商材の見分け方-2


クソ商材の見分け方その2です。


先回は商材そのものに関しての部分が大きかったのですが、今回は

【レビューサイトでのインチキ評価を見抜きましょう】

という題目です。


レビューサイト=アフィリエイターのサイトということになりますが、アフィリエイターさんにも様々な方がいらっしゃり、大別すると下記の2種類に分かれます。


■自信を持っておすすめできるモノだけ売りたい(紹介したい)
■なんでもいいからとにかく売りたい



言うまでも無く注意すべきは後者のサイト。
彼らにとって最も大事なことは「アフィリエイト収入」。
まぁそりゃそーなんですけど。。
裏を返せば商材が何だろうが関係ない、購入者がどうなろうが知ったこっちゃない。
危険ですねー。。。


さてそんな方々が、どうやってクソ商材を絶賛して購入させるのか。
知る限り下記のようなパターンが多いようです。

-----

●「内容に矛盾が無い商材」として推す

ここで言う内容とは、セールスレターと購入後のマニュアルってことですね。
あるいはマニュアル自体の内容も。
何が問題かって、その言い回しの妙。
僕がやられた商材に関しても、このような形で絶賛されているケースが非常に多いんですが、「矛盾は無い」けど「再現性が無い」んです。
再現性が無い⇒実践できない⇒稼げないということ。
ずるっ!!

クソ商材はけっこうどこのサイトでも共通してるんで、「優良」やら「オススメ」やら付いてる商材の方が要注意ってことです。

-----

●コメント自演

まー初歩的でありながら、もっとも効果がありそうな手法。
IPも分かりませんし、やりたい放題。
見抜くのはけっこう至難の業ですが、個人的には下記のようなサイトは自演と決め付けてます。

★なんだか絶賛しかない笑
「さっそく入金ありましたよ!」とかばっかり。。。
アンタらみんな大金持ちね!

★やたら稼いでいる笑
「たった●万円しか稼げない!おかしい!」みたいな。
『おいおい!稼げてるじゃん!』って思っちゃいますよね。
ずるいですね~こういうやり方。

とにかく賞賛コメントしかないサイトはそれだけで疑わしいのですが、異論反論あったとしても、最終的には稼げるという結論を導き出すための巧みなスケープゴートだったりしているサイトもあります。

-----

こんなとこですかね。
とにかく様々なレターを読んでいると、次第に気分も高揚してきて、「買っちゃおうかな~」気分になることも多いですが、少しでも迷いがあったら即購入はしないことですね!
意外と時間を空けると冷静になってたりするもんです。


ではでは~

クソ商材の見分け方-1


連投連投!


今回はいわゆる「クソ商材」と言われるものの見分け方をば。
この「クソ商材」に対する定義なのですが、実はけっこう曖昧模糊としています。


「やってみて稼げなかったからクソだ!」
「そんなことできるはずないじゃん!だからクソだ!」

とか。


真面目に考えてみると、難しいですよね、確かに。
法に触れるものは問答無用でアウトとしても、それ以外は正直人それぞれですし。
僕が利益を出している手法を他の人が実行して、同じように利益が出る保証はありませんし、逆もまた然りって感じですもん。


なので個人的には、
「作者オリジナルのノウハウがあり、再現性が高いもの」
を高評価し、そうでないものは一律クソ商材としちゃいます笑
だって僕らが知りたいのは、「他の人があまり知らない、稼げそうな手法」ですもんね。


前置きが長くなりましたが、そんなクソ商材の見分け方を、数回にわたって記していきたいと思います。


まずはコレ


『何もしなくても稼げる』という趣旨の商材


夢ですよね、夢。
自戒も込めて言いますが、「収入は労働対価」です。
完全な不労所得なんてありませんよ。
これは紛れも無い事実ですたい。


また発展し、そーした商材を絶賛しているレビューサイトさんにも要注意です。
個人ブログだけならともかく、自演クロスレビューサイトも運営し、「稼げてます!」という声を載せ、あたかも成果の出る商材であるかのように見せています。


※「ココはどーなの?」というブログ・サイトがありましたら、メールいただければバサッとお答え致しますよん♪
特定商材に関しても、分かる範囲でお答えします。


しかしイロイロ書いてきましたが、


(関心)商材の発見

(煽り)ドラマティックなセールスレター

(希望と不安)商材のレビューサイト検索

(煽りと安心)自称辛口レビューサイトで賞賛

(決定)購入

(不安)ええ。。。これって本当にイケルの???

(確認と後悔)他のレビューサイトでクソ商材だったことが分かり、ガックシ。。。



結局この流れのループなんですよね。
マーケティングのAIDMAの法則みたいです。
もちろん僕も上記の一連の流れを何回も体現してますし。。。


偉そうに言っても、やっぱり気になるのが人のサガ笑
どんな商材であれ、購入を決定するのは僕ら自身に違いないので、いろいろな情報を総合的に判断していくしかないっすね。


※参考
ネットでの購買行動のプロセスモデル、AISASの法則@電通
1. Attention (注意)
2. Interest (関心)
3. Search (検索)
4. Action (行動、購入)
5. Share (共有、商品評価をネット上で共有しあう)

暴露!?週に一度だけ某行政機関に足を運ぶことで知ることができる 「絶対収入の糸口」


何を隠そう、僕の情報商材童貞を奪った、憎いヤツ笑


週に一度だけ某行政機関に足を運ぶことで知ることができる 「絶対収入の糸口」



確か今年の3月、「裏バイト」的なサイトをぼけーっと見てた時、そこの管理人が「これはやったことある。けっこう儲かった。」と紹介していたのを見てしまったんですよね。
それから自分なりにレビューサイトを検索し、評価が悪いサイトもあまり見受けられなかったので、気合で購入しました。


まずマニュアルを読んだ時点では、特にうさんくさい要素は見受けられません。
そこは「行政」機関じゃねーだろ!という突っ込みはありましたが笑
結構分かりやすい作りになっていますし、「へー!確かにそれは知ってたけど、そう使うか!」と皆さん思うかもしれません。
代行業者が必要になるということはレターに記されていませんでしたが、特に大きな問題でもないとは思いました。
初期投資は1~2万で済むとのこと。


内容としては。。。


週に一度、だいたいどこにでもある●●所に行き
 ↓
■産■■の状況を確認&メモ
 ↓
■産■■が開催されるかを確認
 ↓
確認できたら代行業者に電話サポートを申し出る
 ↓
■産■■当日、サポートを受けながら●りを行う
 ↓
▲▲を代行業者に発送(この時点で第一段階の振込金が発生:▲▲代と相殺)
 ↓
▲▲を代行業者が◎◎にて販売(売れたら第二段階の振込金が発生:利益発生)


という感じになっております。
伏字のため全く分かりませんが笑


さてマニュアルを確認し、「こりゃいけるんでない!?」と意気揚々と●●所に出かけた僕。
川崎と都心の都合2箇所に行きましたが、●●所の担当の方とお話した段階で「。。。僕には無理じゃん」となりました。


僕に無理な理由は


「★産★★自体、開催にばらつきが大きい」
「車を持ってない」
「もっとお金かかりそう」
「▲▲があるかどうか。。。てか無さそう」



って感じでしょうか。
僕に限らず、気軽に個人がやるには、まず厳しい。
てことでこの商材、コレを生業とされている方もいらっしゃいますが、僕のような会社員が片手間にやるには厳しいと判断します。


※どーにも腹の虫が収まらず、返金してもらいました~。