副業出版でアフィリエイターデビュー(してました)


夏は花火。
夏は祭り。
土日にPCをあまり触れず、すっかりお祭りに乗り遅れた、まったりKEIです。


最近そんなんばっか。
でもクリックすると、太鼓の音が鳴りますよ。
↓↓↓
人気ブログランキングへ


さていきなりですが、


「個人情報」


これってすごくデリケートなものです。
よく「●●から顧客情報100万件が漏えい」なんてニュース聞きますよね。
自社顧客の個人情報は、それくらい厳重に管理しなければならないものです。


では「個人情報保護法」に違反しちゃうとどうなるんでしょう?


個人情報保護法の全面施行に伴い、個人情報取扱事業者は法の定める義務に違反し、この件に関する主務大臣の命令にも違反した場合、「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」の刑事罰が課せられます。加えて、漏えいした個人情報の本人から、漏えいによる被害や、実被害が無くても、漏えいしたという事実による損害賠償民事訴訟のリスクが発生します。これらによって、大規模漏えい事件事故の場合は巨額(総額)の賠償金支払いに直面する可能性もあります。
※参照:個人情報保護法対策室


ふむふむ。
最悪のケースで刑事罰、そして民事訴訟を起こされる可能性があるんですね。


例えば個人情報リストを紛失した場合。
まずはその情報提供主へと、事態と経緯を説明する必要があります。
※「顧客リスト 紛失」で検索すれば、いろんなケースが出てきますね。


これは法的に定められていますので、企業は必ず実行しなければなりません。


では意図的に個人情報を流用した場合は?


これはなかなか無いです。
だって企業が率先して違法なことをするってことです。
真っ当な企業であればありえません、よねー。


例えばAというサイトに登録した段階で、Bというサイトにも登録されるのであれば、それが同一企業の運営するサイトであっても、必ず事前にそう明記し、ユーザーに必ず確認させる義務があります。
たとえ同一企業であっても、です。


悪名高い出会い系サイトですら、上法の制定後はちゃんと利用規約に記載してます。
「当サイトに登録すると、姉妹サイトのあれとこれとそれに自動登録されます」
って。
(ちょー分かりづらいとこに書いてるんで、実質無効ですが笑)


また事後にそのようなことをする場合は、必ず全ユーザーに確認を取り、同意を得たうえで初めて個人情報の移行が可能となります。


基本的にはこの法律、5,000件を超える個人情報を保有している事業者に向けたものです。
でも大事なお客様をわざわざ制限する会社はありませんよね。
ですので実際のところは、個人情報を取得する必要のある、国内の全事業主が対象となっていると考えていいでしょう。
多い少ないは関係ないよってことです。


さて上記を踏まえると。。。


「個人情報を別企業へと意図的に流出させた」


最悪のパターンってやつでしょうか( ´ー`)



以上、副業出版アフィリエイターのまったりKEIでした。


関連記事

2 Comments

詐欺暴露屋  

まず

太鼓の音がなると記載されているのに、クリックしても音がなりません。
これは明らかな虚偽表示です。

そして「●●」と、伏字を使っています。

さらに
>では意図的に個人情報を流用した場合は?
>これはなかなか無いです。
よくある会話文です。

極めつけは
>副業出版アフィリエイターのまったりKEIでした。
自ら認めるとは!

結論。まったりKEIさんはいい人だ( ´ー`)

2010/08/10 (Tue) 20:44 | EDIT | REPLY |   

まったりKEI  

ウッシッシ

YAHOOで「副業出版」で検索をかけると、やったね3位にランクイン(2位はユウナさんでした)。
これからジャンジャンザクザク稼ぎますよ~♪

まずは商材の弱点を指摘したうえで、「弱点を補完し、あなたの収益を10倍に増加させるマル秘レポート」でも特典として付けていきますかね。

。。。それはさておき、既出かもしれませんが
http://fukugyo.info-style.co.jp/rulebuyer.html
こんなURLも。
ページ下部には「株式会社副業出版ジャパン」と。
あれれ?

もう何がなんだか( ´ー`)

2010/08/10 (Tue) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment